クロムが血糖値を下げる

クロムが血糖値を下げる仕組み

クロムが血糖値を下げる

クロムが血糖値を下げる

クロムとは鉄、カルシウム、カリウムなどと同じミネラルの一種です。

この成分が血糖値の低下と関係のある、インスリンの働きを促進してくれるので、結果として血糖値を下げる働きがあります。

クロムを多く含む食材は、ナッツ類や貝類、きのこ類、玄米などが挙げられます。

中でも、きのこ類には、食物繊維も多く含まれています。

きのこ類はカロリーもほとんど無く、調理しやすい事から、積極的に摂取したい食材です。

きのこ類には旨味成分もたくさん含まれています。

またナッツ類は、脂質も多く含まれている為、食べすぎには注意が必要です。

クロムは不足すると血糖値を上げる作用をすることから、たくさん含むこれらの食材を、工夫して調理に活用して積極的に取り入れていきたいものです。

また、クロムをたくさん取り入れ過ぎても、エネルギーが十分に満たされている状態だと、脂肪として蓄えられてしまいます。

なので、エネルギーの摂取量にも気を付けたいものです。

そして、効率よく、血糖値を下げる気遣いを心がけましょう。

お酢が血糖値を下げる

血糖値を下げるには、お酢が効果的です。

お酢には、お酢に含まれているクエン酸が体の糖質代謝サイクルを円滑にして、体の糖質代謝を高めてエネルギーに変えてくれるので、血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。

また、血糖値をコントロールするインスリンの働きを改善する効果もあり、結果血糖値を下げる働きがあります。

お酢は、種類もたくさんあり、酢の物やピクルスなどの料理として使ったり、ドリンクとして飲んだりもできたりと、取り入れやすい食材です。

また、大さじ1杯(約15ml)のお酢を取り入れただけで、効果があります。

それだけで中性脂肪を減らしてダイエット効果や、血圧低下作用も期待されます。

血糖値を下げる方法

一緒に運動と組み合わせることで、より代謝サイクルが活発化されてより効果を得られるでしょう。

少量で簡単に実践できるので、生活の一部として習慣化して、長期的に続ければ、糖尿病予防とダイエットに役立ちます。

ただし、1日に多くの量を摂取すると、消化不良の原因になるので、気を付けましょう。

Comments are closed.