そもそも、戦国時代ってどんな時代だったかと言うと一言で言えば、
「日本全国で大名が、群雄割拠していた戦乱の時代」なんですねえ。

世の中には、無数の大名がいたのですが、その中でもメジャーな
大名としては下記の図がわかりやすいです。

イメージとしては、世の中、日本各地で色んな大名(※1)が国を作って、
日本の覇権を握ろうと必死だったようですねえ。

※1 「大名」とは、争いの中で権力や勢力を高めていったお殿様のイメージです。

今で言うところの各州で分かれていて州によって法律すら分かれている
アメリカのようなものなのでしょうかね。

また、日本全国色んな大名がいる中でも特に盛んだった地方が、
「関東~中部地方」になりますね。

あの天下の「織田信長」も中部地方に拠点を置いていましたし、
かの「武田信玄」も山梨県の甲府に拠点を置いていました。

■織田信長

■武田信玄

また、戦国時代の時期としては、色々諸説あるようですが、
「応仁の乱」のあった1467年(室町時代中期)から、徳川家康氏が江戸幕府を開き、
豊臣家を滅ぼした1615年までが一番有力のようです。

でも、平安時代とか鎌倉時代とかも武士がいて、もっと昔から戦国と呼ばれる時代が
あっても良かったのに、なぜこの時期だけ戦が生まれてしまったのかと言うと、
今までの時代と比べると、「天下を納める人が不在だったため。」と言えますね。

なぜ、応仁の乱を機会に戦国時代が始まったかと言うと、これを境に戦乱に対する
幕府の介在する力や調停機能等が低下したことが原因と言われます。

■応仁の乱

平安時代で言えば「藤原家」ですし、鎌倉時代で言えば、「源家」、室町時代で言えば、
「足利家」と言った有力な権力者がいましたが、この時代は150年~200年程度には
なるのですが、幕府と言う権力者が不在だったため、群雄割拠の時代になってしまったというわけですねえ。

そこで、群雄割拠していた中から、才能のある戦国の三傑である、
「信長」、「秀吉」、「家康」が天下統一をし始め、戦のない世の中
築き、また平和な世の中(?)に戻ったというわけですね。
(まあ、仮にも名前に「戦国」とついているのですから、戦のない時代になったら
 そりゃあ終わりになりますよね 笑)